パン教室ほーのぼーの 講師

講師 hanako

小さい頃からお菓子作りや料理が大好き。

その後、食は生きる上でとても大切なことだと考え、食に関する勉強がしたいと思い、管理栄養士専攻のある大学へ進学。

4年間勉学に励み、管理栄養士の国家試験を受験し資格を取得。

大学卒業後、9年間栄養士として勤務。

仕事をしながらイーストを使用したパン教室に通い、パン作りの楽しさを知る。

出産を機に、天然酵母のパン作りに興味をもつ。

2017年4月 天然酵母パン教室 ほーのぼーの を開講し現在に至る。

 

 

 

メッセージ

こんにちは、パン教室ほーのぼーの 講師のhanakoです。

この度は当ホームページにお越し下さりありがとうございます。

 

ここからは私がパン教室を開講した理由や経緯、生徒様へのメッセージなどについて、もう少し具体的にお話しようと思います。

 

パン教室を始める前は栄養士として働く

私はパン教室を始める前は栄養士として仕事をしておりました。

栄養士という仕事は、自分が考えた献立が調理師の手によって実物となり、たくさんの人に食べてもらうという、とてもやりがいのある仕事でした。

でも自宅から少し遠い勤務地でしたので、子供ができるとその通勤時間がネックとなり退職しました。

 

退職することで社会と離れるという不安はありませんでした。

それまで本当に毎日一生懸命に働いていたので、未練というものもありませんでした。むしろ達成感の方が大きかったです。

 

そんな中で、退職したときにこれだけはと思って決めていたことがあります。

ただやめるだけではいけない、かわりに自分の中で何か新しいことを始めようと。

その時は、これからまた新しい始まりだという久々のワクワク感に包まれたことを思い出します。

 

 

様々なセミナーに通う 自分が何をしたいのか模索する

まずは自治体のいろいろなセミナーに通ってみました。

幸い流山市は、子育てをしながら働く女性を応援してくれる環境がたくさんありました。

自治体のセミナーは安価な上、志を同じくする方々がたくさんいますので、非常に勉強になりましたし、良い影響をたくさん受けました。

そうしてセミナーに通ったり、家族・友人に相談したりする中で、以前経験したパン作りを思い出します。

 

以前はイーストを使用する教室に通っていましたが、いろいろ調べていくうちに、培養方法によって市販の天然酵母や、自家製酵母など酵母にもたくさん種類があることを知りました。

そしてあわせて小麦も外国産小麦だけでなく国産の小麦もいろいろ種類が出ていることも知りました。

 

もともと研究したり、実験したり、試作したりするのが好きなタイプでしたので、一通り試してみました。

いろいろと試作をしてみた結果、ホシノ天然酵母と国産小麦の組み合わせに落ち着いたという流れです。

 

その後はパン屋さんがしたいのか、カフェなどを経営したいのか、パン教室を開講したいのかという3つの選択肢をかかげ、それぞれについて模索します。

その結果、通勤時間などがない自宅パン教室を開講するという目標を選びました。

 

 

自分でパンを作るメリット 食材にこだわる理由

自分で作ると原材料もすべてわかりますし、流通の時間がないので保存料などを入れる必要もありません。

そして何より家族や食べてもらいたい人のリクエストに応じて作ることができるというメリットがあります。

 

また、ほーのぼーのでは、小麦や酵母のほかにも食材にこだわり、できるだけ国産、もしくは有機食材を使用するようにしています。

自分を含め家族が食べるものなので、できるだけ身体に安全なものをと考えて選んでいったら自然とそうなりました。

 

 

ほーのぼーのは生徒様の夢や目標を応援します

私自身、こういった流れで退職し、パン教室を開講しているので、夢や目標を持っている方を応援しています。

・家族や友人においしいと言ってもらえるようなパンを作りたい

・天然酵母のパンを焼いてみたい

・国産小麦や有機食材に興味があり、それを使いたい

・ゆくゆくは自宅でパン教室を開きたい

・カフェなどでパンを提供したい

 

人それぞれいろいろな夢や目標があると思います。

そのような夢や目標が少しでも現実に近づくよう、応援しております。

 

 

以上、少し長くなりましたが、私がパン教室を開講した理由や経緯、生徒様へのメッセージでした。

 

お読みいただきありがとうございました。