全粒粉入り クロワッサン 4つ折り2回と3回の違い

今回のブログでは、クロワッサンの層についての話をしたいと思います。

 

クロワッサンはオーソドックスな作り方だと3つ折り3回が多いかと思います。

 

しかし、教室では限られた時間の中で仕上げなければならないため、4つ折り2回で作るところも多々あります。

 

ほーのぼーのでもレッスンでは4つ折り2回を採用しております。

 

 

私個人としては、層がたくさんあるのも好きなので、自宅用としては4つ折り3回で作ることもあります。

 

ただし、4つ折り3回だと、生地とバターが馴染みやすく、食感はパイの様になるというより、普通のパンに近くなります。

 

 

こちらが4つ折り2回のクロワッサンです。

 

 

そしてこちらが4つ折り3回のクロワッサンです。

 

 

3つ折り3回、4つ折り2回、4つ折り3回、どれが良いということはないので、個々の好みに合わせて作ってよいと思いますし、それができるのが手作りパンの良いところではないでしょうか。

 

 

クロワッサンは2月の月替わりレッスンとしてご用意いたします。

中級コースを修了した方対象のレッスンとなります。

 

こちらもあわせてご覧ください→☆月替わりレッスンのご案内☆

 

 

 

今回もお読みいただきありがとうございました。

 

 

Follow me!