手作りパン はさみでもこんなにいろいろ成形ができます

いきなりですが、皆さんは、クープナイフをお持ちですか?

 

あれ?はさみの話ではないの?

クープナイフとは何ぞや?という方もいるかもしれません。

 

クープナイフとは、その名の通りクープを入れるためのナイフです。

クープとは、パンを焼くときに火の通りを良くしたり、焼き上がりを美しくしたりするための切り込みのことです。

フランスパンや、カンパーニュなどで使うことが多いです。

当教室で使用しているクープナイフについての記事はこちら

 

フランスパンや↓

 

←冷蔵発酵か否かの違いでクープの開き方が変わっています

 

 

 

十字成形のカンパーニュ↓

 

←大きい方がクープ

 

 

クープナイフは、パン作りをしていて、フランスパンやカンパーニュを焼きたいなと思っている方は1本あると便利だと思います。

 

でも買おうかな、どうしようかなと迷われている方は、まずははさみでできる成形をしてみてください。

 

初級コース1のプチパンで比べてみると。。

こちらがクープナイフ↓

 

←分割方法を変えてピザパン3個のプチパン2個 こんな風にもアレンジできますよ☆

 

 

 

そしてこちらがはさみ↓

 

こちらの小さい方もはさみ↓

←カレンズが入っている小さい方がはさみ

中級コース3です

 

 

ベーコンエピもはさみ↓

 

上級コース5のフランスパンと一緒に作ります

 

 

 

 

プチパンの場合は一緒に焼いた場合は違いがはっきりするかと思いますが、個別で焼いたらそれぞれ可愛い仕上がりになります。

しかもカレンズクリームチーズやエピのような成形の場合は、はさみの方が断然作業がしやすくなります。

 

もちろんプチパンやカレンズ入りのものはそれぞれ丸パンとして焼いてもいいですが、はさみやナイフを入れると少しおしゃれに見えたり、食卓が華やかになったりするので、調理用ばさみを使っていろんな成形を楽しんでいただけたらと思います。

 

 

当教室ではできるだけ特別な道具を使用しない初級コースをご用意しています☆

初級コースのご案内はこちらです

 

 

今回もお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

Follow me!