パンのトッピングにケチャップは注意して使ってくださいね☆

こんにちは

パン教室ほーのぼーのです

ブログの更新があいてしまって

気づけば朝晩はかなり冷え込み

秋本番という感じになってきました

またまた大きな台風が近づいているようで

大丈夫なんだろうかと

とても心配です

皆さんもどうぞお気をつけください

さて今日は

初級コース1回目のピザパンを

レッスン前におさらいしたときのお話です

成型方法や

コツを忘れていることもあるので

私はできるだけレッスン前に

おさらいをするようにしています

そのおさらいパンで

ピザソースを作るのが面倒になってしまいまして(笑)

なにかいいものないかな~~?

冷蔵庫をゴソゴソ

………

「あらこんな~ところにケチャップが~」

というハッシュドビーフ的なノリで

ケチャップ見つけました☆

もちろんケチャップでも代用できるんです

あることを注意すれば

それは

焼く温度!

ケチャップって

原材料を見ればわかるのですが

いろいろ副材料が入ってるんです

砂糖とかお酢とか

それでピザって高温で焼くので

そのままの温度で焼いてしまうと

黒焦げになっちゃうんです~

チーズのせて焼くから

余計に黒く(笑)

黒焦げにショックすぎて

写真撮り忘れた~~

ブログに載せるのに撮ればよかった

黒こげのわりに

焦げ臭くはなかったんですが

(味はおいしかった)

見た目はちょっといまいちでした

なので

もしピザやウインナーパンなどに

ケチャップをかけて焼こうと思っている方は

焼く温度にご注意くださいね☆

ちなみにヘルシオの場合

190℃でしたら大丈夫でした☆

本日もお読みいただきありがとうございました

Follow me!