手ごねパン作りに必要な道具④オーブンシート

こんにちは、ほーのぼーのです。

 

今回は、手ごねパン作りに必要な道具④ということで、オーブンシートについてのお話をしたいと思います。

 

皆さんはどんなオーブンシートを使っていますか?

私は焼くパンの種類によって使い分けています。

 

まず、紙製のオーブンシート。

これは使い捨てなので衛生的ですね。

紙製のものは、上にチーズをのせて焼くパンや、クロワッサンなど油脂の多いパンを焼くとき使っています。

これは、トッピングがのっている生地や油脂が多い生地は、焼いている途中に流れ落ちてきて、オーブンシートを汚してしまうためです。

また、食物アレルギーの方への配慮として、紙製のオーブンシートを使うこともあります。

 

次にグラスファイバー製のオーブンシート。

紙製に比べると1枚当たりの単価は少し高くなりますが、こちらは洗うことで繰り返し使えるので、結果的には経済的ですね。ゴミも減らせます。

油脂が入らないパンなどによく使います。また、ベーグルなど、ホイロ(最終醗酵)の後にまた茹でる工程がある場合、発酵のためだけに紙製を使うのはもったいないので、小さく切ったグラスファイバー製のオーブンシートを使います。

洗ってもすぐに乾くので、とても気に入っています。

 

両方の良いところをとりながら使うと、衛生的でかつ経済的に使えますので使い分けがおすすめです。

 

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

Follow me!